Organの長財布を1年使用しました。経年変化とその感想

Organの長財布を1年使用しました。経年変化とその感想

2020年5月1日
LIFE
スポンサーリンク

Organギボシロングウォレットという革財布を誕生日にいただいて1年を過ぎました。

これが私にとって初めての革財布でした。革製品をあまり使ってこなかったので、こんなに経年変化するんだと驚きました。

最近とても手に馴染み艶が出てしっくりしてきたので記録します。

1年経って味が出てきました

まずは正面から。頂いたときよりも色が濃くなりました。

近くで見ると結構傷ついています。

艶がでてきてきれい。

財布をひらいてみるとこんな感じ。

最初は1つのポケットにカード2枚入れるのにも窮屈だったけれど、今じゃスッと入ります。

柔らかくて、手に持ったときに馴染むようになりました。

はじめて革財布をつかってみて

プレゼントにこの財布をもらうまであまり革製品はすきではありませんでした。傷が目立つし、ところどころ黒くなるのが汚れのようなイメージだったからです。

でも実際使ってみて、最近になって財布の色が全体的に濃くなって、なにより艶が出て本当にきれい!

そしてもともと柔らかくはあったけれど、より柔らかく、使いやすくなりました。

キャッシュレスが普及して財布をもっと小さくしてもいいなあと思うこともあるけれど、この財布に愛着がでてきてもう少し使い続けたいなあと思えてきました。

このあとどんな風に変わっていくか楽しみです。