macbook pro 13インチ(2019)モデルと周辺機器の購入品紹介

macbook pro 13インチ(2019)モデルと周辺機器の購入品紹介

2020年1月14日
LIFE
スポンサーリンク

macbook proを買いました。

7ヶ月ほど前に買ったimacを手放しての購入。
新人デザイナーがmacbookではなくiMacを買った理由なんて記事も書いたけれど、持ち運ぶ必要が出てきたのでmac book pro13インチに買い替えました。

改めてimacとmacbook proを比べてみて

買いかえたmacbook proのスペック

MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)
プロセッサ:1.4 GHz Intel Core i5
メモリ:16 GB 2133 MHz LPDDR3
内蔵ディスプレイ:13.3インチ(2560 x 1600)

AppleCare+込で¥228,360でした。

画面サイズは小さいけれど、想像していたよりも小さく感じません。
私が学生時代使用していたものよりベゼル幅が小さくなっていてあまりストレスなく作業できています。

あと、作業場所を変えることができるって本当に便利なのだと実感中。
imac使用してたときもべつに不満はなかったけれど、macbookにしてからベットに移動したり机に戻ったりとちょっと動けるだけで気分転換にもなってとても快適です。

前回の記事にも書きましたが、ノートパソコンにディスプレイが正解!(お金溜まったらディスプレイ買います。)

すぐに購入した周辺機器

macbookになったということで、いろいろ周辺機器をそろえたのでご紹介します。

これはまず買わないとはじまらない「ディスプレイ保護フィルム」

まず買うべき商品ナンバーワンのディスプレイ保護フィルム。
私はエレコムの液晶フィルムを信頼できるということで購入。

フィルムなんてどこの買ってもほぼ同じと思わなくもないですが、こちら、フィルムを貼るのに失敗しても時間がたつと本当に気泡が消える加工がされたもの。
実際、かなり大きい気泡を作ってしまったが翌日消えていて感動しました。
なので、フィルム貼るの失敗しがちな方におすすめです。

長時間作業する人必須「PCスタンド」

はじめてPCスタンド買ったんでのですが、たくさんの人がすすめる意味がわかる!
目線の位置が高くなって見やすいし、長時間作業しやすい。
また、こちらを使用することでPCの排熱がしやすそうでまだ一度もPCが熱くなっていません。
重めのアプリケーションを使用する人は前向きに検討をおすすめします。

薄さにもびっくり。使用しないときの違和感が全くない。

ただ、人によっては文字をタイプしにくいと思う人もいるかも。
というのも、特にトラックパッド操作時、手に角度がつくので手首に力がかかるんですよね。なので手首部分にタオルを挟むか、肘置きつきのチェアを使用すると負荷が分散されて本来の力が発揮できそうです。

macbook pro 13inchを買ったら必須「ハブ機器」

なんとmacbook pro13inch 、USB Type Cしか挿せない。
だから見慣れたUSBやSDカードを使用するにはハブ機器が必要ということで、私はODOMYのハブ機器を購入しました。
挿して見るとPCとの一体感がありかっこいい。

不安点としてはなにかの拍子にぶつけてPC内部で歪んでまがってしまわないかということ。気をつけて使用します……。

シンプルで安くておすすめ「PCケース」

とにかくシンプルで安いものがほしくて下記のものを購入しました。
アマゾンブランドと迷ったけれど、こちら小さなポーチもついてくるのでちょっとお得。
また、アマゾンブランドのものと比べ内側の起毛が想像以上にしっかりモコモコしていて、PCを傷つけず守ってくれそう。

以上、購入したもの紹介でした!
もし、なにかの参考になったなら幸いです!