新人デザイナーがmacbookではなくiMacを買った理由

新人デザイナーがmacbookではなくiMacを買った理由

2019年8月6日
LIFE
スポンサーリンク

大学生活を共にしたMacBook proの動作が重くなり、アプリケーションを立ち上げるのもままならなくなったのでiMacを買いました。

買うにあたって迷ったのはMacBookにするかiMacにするか、どの程度のスペックがあればいいのか……。
悩みに悩んで最終的に「iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2019)」を買いました。

参考になるかわかりませんが、私の場合はどのように決めたのか残しておきたいと思います。

追記:筆者はこの約半年後、MacBook Pro13インチモデルを購入しています
macbook pro購入理由と周辺機器紹介

購入にあたっての条件

筆者は普段Webデザイナーとして働いています。新しい知識を得る中で、「これは家でも調べたり作ったりする環境が欲しいな……。」と思い、購入を検討するようになりました。

今まで使っていたPCに対して一番のストレスだったのは複数アプリケーションを立ち上げができなかったこと。なのでまずは自分にとっての必須条件を書き出してみました。

  • 複数のアプリケーションを同時立ち上げができるメモリ
  • ローンなしで買えること(予算は20万円くらい)
  • ディスプレイはできれば15インチ以上

ディスプレイの大きさについてなぜ15インチ以上ほしいか

Webデザインの場合ディベロッパーツールを開くことが多く、13インチだと小さすぎてストレスになりそうだと思いました。特に日中は会社のデスクトップで作業しているので余計そう思います。
なのでもし13インチのノート型を買ったらディスプレイも設置する必要があると思いましたが今回はお金がないのでやめました。

メモリの容量はどのくらいあるといいか

私の場合、使用想定していたアプリケーションとしてはPhotoshop・Illustrator・Dreamweaver・aftereffectなどのAdobe製品が多めです。

Adobe製品推奨環境のメモリを見てみるとPhotoshopは8GB以上・Illustratorは16GB以上と挙げられていました(ないと全く作業できないわけでは有りません)。私の最重要条件であるアプリの複数同時使用を考えると最低16Gは欲しいと思いました。

MacBook Airでも作業は快適にできる?→できない

MacBook Airでもサクサク動画編集をする人もいるのでもしかして快適に使えるのかなと検討しましたが、アップルの店員さんに聞くとやはりAirでAdobe製品を使うのはおすすめはできないと言われてしまったのでMacBook proまたはiMacからの選択となりました。

追記:「Airでもいけるっしょ」と言いAirを買った知り合いが在宅勤務になり「Airじゃイラレでも固まって仕事にならない」と言っていました。なので無難にProかiMacから選ぶといいのではと思います。

ストレージの容量について。HD?SSD?

HDとSSDについてわかりやすい例えとしてHDは「壁の本棚収納」とSSD「机の下のキャビネット収納」があります。

HD=データを取り出すのに時間がかかるが容量が大きい
SSD=データをすぐ取り出せるが容量が小さい、価格が高い

迷いに迷ったのですが、足りなくなったら外付けHDを増やそうと決めSSDを重視して「512GB SSDストレージ」を選びました。

iMac27インチはApple製品で唯一自分でHDを増やせるので多くの人がおすすめされていますが、もし27インチを買うとすると我が家の場合机も買う必要が出てきそうなので断念しました。

現在21.5インチのPCを使っていますが、これ以上大きいと圧迫感があったなと感じるので、机や部屋が狭い方は置くスペースも考える必要があると思いました。

プロセッサについて

Core i3とかCore i5などプロセッサについては型落ちのMacBookでもそこまで大差ないだろうと思ったためあまり気にしていませんでした。ただコアの数は多い方が動作が軽いと言うことで6コアを選択しました。

imacを選ぶメリット・デメリットまとめ

メリット

  • 画面が大きくて作業しやすい
  • ノートパソコン型と比べスペックの割に安価
  • 「机に座ったら作業」というルーチンに入りやすい
  • 「画面を開く」「充電する」動作がないだけで作業する敷居が低くなる

デメリット

  • 外で作業ができない
  • 場所をとる

私はメリットの方が多かったので一応満足した買い物をしたなと思っています。
困ったこととしては、何か講習会的なものに行くときにノートパソコンが無くて参加できないことです。昔のPCも手放してはいないので、使用はできるのですがあまりにも起動が重くて、軽い作業用のPCが欲しいと思うことがあります。でもこれは一年に3回あるかといった機会なので、そういうのに特に参加しないという人は、デスクトップで全然いいと思います。

今もう一度考えるなら、macbookpro13インチをカスタムしてスペックを上げ、別にディスプレイつけるのもいいなあと思います。
参考になったら幸いです。ではいいお買い物を!


半年後、筆者はmacbookpro13インチをカスタムしてスペックを上げたものを買いました▼

macbook pro 13インチ(2019)モデルと周辺機器の購入品紹介
macbook proを買いました。 ☺️ pic.twitter.com/NVdzmSh5Jy— 07🇹🇭 (@sn07_w) November 17, 20…
sn07.tokyo