体験型コンテンツ「浮世絵劇場 from Paris」角川武蔵野ミュージアムにて10月30日(土)から開催!【絶対に行く】

体験型コンテンツ「浮世絵劇場 from Paris」角川武蔵野ミュージアムにて10月30日(土)から開催!【絶対に行く】

DESIGN & ART

2021年10月30日[土] 〜 2022年04月10日[日]に渡り角川武蔵野ミュージアムのオープン1周年記念展として、巨大映像空間へ没入する360度体験型コンテンツ「浮世絵劇場 from Paris」が開催されます。

スポンサーリンク

展示会の見どころ

新たなテクノロジーとパリのアーティスト達によって、1,100㎡を超える大空間に浮世絵が映し出されるほか、使用された浮世絵や現代の浮世絵師による作品も紹介され、現代のまったく新しい浮世絵を見せてもらえそうです。

画像はイメージです。
画像はイメージです。

江戸時代、浮世絵1枚の値段は28文、かけ蕎麦一杯と同じだったといいます。「浮世」とは「現世」のこと。人々の身近な存在であった「浮世絵」は「今を写す絵」だったのです。今で言えば、テレビやインターネット、インスタグラムのような身近なメディアでした。 19世紀、ヨーロッパに渡った浮世絵は、印象派の芸術家達に大きな影響を与えました。その影響は現在も続いています。

ダニーローズ・スタジオは、この浮世絵にテクノロジーとストーリーを掛け合わせ、全く新しい巨大映像空間を創造しました。 この度、フランス国内で計200万人が体験したDreamed Japan ”Images of the Floating World” が、大幅にパワーアップして日本に凱旋。  ”SPIRIT of JAPAN”として当ミュージアムにてWorld Premier開催される運びとなりました。扇が時を刻み、提灯が宙を舞い、桜の花びらが風に揺れ、荒波がリズムにあわせて頭上を駆け巡る。360度映像に包まれた広大なスペースに展開される「浮世絵劇場」を、全身でご体感ください。

公式サイトより

ダニーローズ ・スタジオって何?

パリを中心に活動するアーティスト集団。
建築物へのデジタルマッピング、インタラクティブなインスタレーション、音楽、公共スペースでのアニメーションなど様々な分野で、没入的な空間を制作・創造。
過去にもジャパン・ハウス サンパウロにて「夢に見た日本」を手掛けており、今回の展示はそれを元としているようです。

Danny Rose Studio

チケットについて

発売開始予定日は2021年10月19日(火) 13時からになります。
オンラインでの購入のほうが200円ほど安くなります。

【オンライン購入価格(税込)】
大人(大学生以上):2,200円/中高生:1,800円
小学生:1,100円/未就学児:無料

【当日窓口購入価格(税込)】
大人(大学生以上):2,400円/中高生:2,000円
小学生:1,300円/未就学児:無料

まとめ

こちらの展示、とても楽しみです!
開催期間も長いのでぜひ検討してみてください。

公式サイトhttps://kadcul.com/event/50
場所:角川武蔵野ミュージアム 1階グランドギャラリー
期間:2021.10.30(土)~2022.4.10(日)
開館時間:(日〜木曜 )10:00~18:00  (金・土)10:00~21:00  
入館締切 閉館30分前 休館日 第1・第3・第5火曜日 休館日が祝日の場合は開館・翌日閉館。